ちぐさ幼稚園
概要・沿革
保育理念・方針
保育内容
年間行事・一日の流れ
入園案内・バス路線
課外保育
施設紹介
アクセスマップ・お問い合わせ
子育て支援
一斉メール
園だより
トップへ
 
ほいくりねん・ほうしん
教育方針
○遊びを通しての総合的な指導
大人になる道筋で遊びは子どもにとって、かけがえのない役割を果たします。
遊びを通して身のまわりに世界を見出し、人や物や自然との関わり方を知ります。
幼稚園という社会の中で「やりたい」「楽しかった」「またやろう」「くやしい」「悲しい」などを体験し、子どもなりに試行錯誤をしながら、 自分を意識し始め、意欲や頑張ること、友達と仲良くすることやいたわりの気持ちが育ち、人間として生きていく為の基礎を学んでいきます。
写真   写真
○環境と通して行う教育
子どもに適した環境とは、子どもにとって安心して生活できる場にあり、先生や友達との交流を様々な形で体験できる場です。一人一人の発達が異なるように、どの子どもにも関わりやすい環境づくりが必要です。子どもは生活の中で様々な環境と関わりながら感じたり、考えたり、認識したりします。どの子も無理なく遊ぶことの出来る遊具、手に触れることの出来る動物の飼育や植物の栽培など、子ども達の心を安らげる雰囲気づくりに力を入れています。
又、生活習慣や社会のルールなどいろいろな場面を通して考えられるようにします。
写真   写真
○一人一人を大切にする教育
文部科学省基準の五領域(健康・人間関係・環境・言葉・表現)を総合的にとらえ、子どもの個性と発達段階を見守り、子どもの思いを受けとめ、一人一人に応じた保育を心がけています。お子さんに対する理解を深めていただくために、母親学級、保育参観、教育相談、個人面談など、家庭と連携しながら保育にあたっています。
写真   写真
教育目標
1、健康で明るく元気な子ども
2、お互いのよさを認め合い仲良く遊ぶ、心の豊かな子ども
3、思ったことをはっきり話し、人の話もよく聞く子ども
4、何事にも興味を持ち、創意工夫する喜びを感じられる子ども
5、自主性を身につけ最後までやりぬく子ども
  イラスト
copyright © 2007 chigusa kindergarten All rights reserved.